手作り枕普及のために、枕外来を開設

話が前後してしまいましたが、実際に、枕を調節すると患者様のつらい症状がみるみる改善し、その表情がどんどん明るくなっていくのを父のかたわらで見ていて、私は決心しました。

「枕の調節技術をもっともっと高めよう。枕の有効性のメカニズムを解明しよう。そうだ、枕の専門外来『枕外来』を開設しよう」と。

2002年、念願かなって私は「枕外来」を開設しました。しかしそれは、A4用紙に「枕外来」と手書きし、診察室の扉に貼るという粗末なものでした。

よちよち歩きのようなスタートを切った枕外来ですが、すでに10年以上の歳月が経過し、4万人以上の患者様が来院されています。

枕外来では、頚椎と腰椎の治療の一環として、専門である睡眠姿勢の指導にとくに力を入れています。患者様自身で体に合った枕を手作りできるような指導もしています。現在は、枕外来も格段に整備され、計測技術も進歩し、患者様にとってより有益な体験や情報が得られる場となっています。

最近では、医師や睡眠の専門家が見学に来てくださるまでになっています。

 

子どもの頭痛と首の痛みの原因は、寝姿にあリ

6歳の女の子の例です。朝から頭痛と首の痛みが強く、学校に行くのがつらいといいます。初めて会った時は、小学生になったばかりなのに、猫背で首をすくめた姿勢で、とてもつらそうな表情が印象に残りました。

早速、首の診察をすると、大人なみに頸部痛、大後頭神経痛(首から起こる頭痛)が認められ、問診では肩から首のこりとだるさを訴えました。
レントゲンで撮影してみるとストレートネック(本来、前にゅるいカーブを描いているはずの首がまっすぐな状態)で、なおかつ、前屈すると階段状に頚椎がずれるという異常が見られます。

つき添いのお母さんに娘さんの家での生活状況をうかがいました。案の定、長時間うつむいてゲームをしていること、フローリングの床に寝転んで、上半身だけを持ち上げた姿勢で宿題をしていること、寝相が悪いために枕は吹っ飛び、ふとんからはみ出して寝ていることがわかりました。

私は、枕の指導による睡眠姿勢の改善と日中の首枕の使用を提案しました。さらに、勉強は床に寝転んだ姿勢でしないように伝え、椅子の正しい座り方を教えました。

1ヵ月後の再診では、頭痛も頸部痛も解消し、女の子の表情は明るくなっていました。「あんなに寝相の悪かった娘が嘘のようです。枕の上に頭が乗ったまま朝まで寝ています」とお母さんが驚いていました。

このような小学生や中学生は、当院にも年間に何人も来院します。同じ治療をして改善するのを見るにつけて「どうしてみんな正しい姿勢で寝ることの重要性を知らないのだろう」と思います。

私は、成長期に正しい姿勢で寝ることを覚えて継続することで、20代、30代になった時、慢性の肩こりになるのを予防できるのではないかと考えています。